Archive for the ‘家具’ Category

木のいえのリノベーション(三条市)

2017-12-16

 

 

築41年専用住宅のリノベーション
銀杏(イチョウ)の板を既存出窓カウンターに使いました。
クライアントからのオーダーで両側から書籍たくさん収納出来、書棚を一周出来るアイランドブックシェルフを製作。
建具は全てナラ(オーク)の突板を面材に使い、オイルフニッシュで仕上げ、金具は黒色の鋳物製でアクセントを付けました。
そしてリビングの仕切りには吉村障子を建て込み見付を統一。
まさに空間に自然を取り入れる。
弊社の考える「Sakurai Method」を元に杉をふんだんに使った居心地のいい場所が今ここに出来上がりました。

堀こたつ(三条市・旧下田村)

2017-02-27

 

くつろぎの空間には、ソファやチェアを取り入れるプランが多くみられますが、肌触りのよい床材を用いたり、畳スペースを設けるなどして、床に直接座る、床座のスタイルも魅力のあるものです。床の一部を掘った堀ごたつを取り入れたプランも根強い人気があるものです。堀こたつの魅力はソファや椅子ではなく、床に直接座る事で空間を広く感じることができること、さまざまな用途に使用しやすいということなどがあります。
 

仕様

  • 堀こたつ 下地 ―赤松  框―杉材  こたつ―杉材  天板―赤松集成板 仕上―オイルフィニッシュ

 

玄関ホールリフォーム工事(燕市、旧西蒲原郡吉田町)

2016-08-01

 
この度、燕市内、築150年の古民家の玄関スペースをリフォーム致しました。
間口3間の玄関スペースを来客用と家族の通用口を2か所専用に設けました。
出入り口に置いておきたいモノは靴以外にも傘、帽子、農作業の道具等、屋外とのつながりでしまいたいモノがいくつもあります。
ところが、従来の下駄箱だけでは足りないので、玄関のタタキに色々なモノが置かれた状態になりがち。家の顔であるはずの玄関が生活感にあふれてしまうので、ウォークイン型の収納を希望する人が増えています。玄関の老朽化も含め、そうした要望を受け止めてこの度の工事を行いました。
来客用と家族用の出入り口を明確に分離する事でサンダルや運動靴といった普段履きのものは、そのまま並べても家族用の出入り口であれば全く気になりません。おかげで、来客用玄関はいつもすっきり。家族も来客も気持ちよく使える場所になります。
仕上げに使う素材は原則自然のものとし細部の見切り縁に至るまで極力石油製品や工業建材は使いませんでした。
玄関の外壁は杉板の縦張り。内装の腰板は杉の羽目板と聚楽壁。土間は豆砂利の洗い出し。まさに木と土と石で出来た玄関ホールが完成。
そして既存の無垢の上り口の廊下をサウンディングし亜麻仁油(ワトコティンバーレックス)を塗りました。
松の持つ本来の表情をオイルフィニッシュで演出しウエットタッチな仕上がりが素材の持つ本来の表情とおもむきを与えます。
さらに全てにおいて手作り感のある出来栄えが元々の建物に負けない存在感となりました。

 

 
仕様

  • 土台   ヒノキ4寸角
  • 柱    杉 4寸角
  • 外壁   杉板(ノンロッド仕上げ)
  • 壁    下地PB12.5 仕上 聚楽壁(白)
  • 腰板   杉羽目板
  • 造作材  杉
  • 下足入  パイン集成材(水性ウレタン仕上)
  • 土間   豆砂利洗い出し
  • 廊下   オイルフィニッシュ(ワトコ仕上)

カウンターリフォーム工事(三条市)

2016-02-17

 

カウンターが欲しい。
飲食店舗オーナーよりお仕事の御依頼を頂きました。
店舗の立地が新幹線駅周辺という事で出張ビジネスマンと平日のランチタイムに訪れる単身客に対応する為。
又、定期的に行っている日本酒イベントの反響に応える為そこを睨んだ店舗設計を考えた結果カウンターの製作に踏み切りました。
オーナーと打ち合わせを重ねる中で明るく柔らかいをコンセプトとしカウンターレイアウト、寸法、の選定を致しました。
清潔感のあるスクエアなカタチにしたと同時に重々しくならないよう注意し仕上材を選びました。

 

 
仕様

  • カウンター材  杉集成材
  • スツール    杉集成材

ナツメの花台

2015-09-01

 

なつめの花台(かだい)
駐車場工事の際切り倒したナツメの木を製材し耳付きの板で花台を製作。
赤身の木目が複雑に入り組み、独特の印象を与えます。
そんな自然素材の花台にモフモフしたこけ玉をのせてみました。
無垢材と自然の緑を室内取り入れる。
日常を忘れる小っちゃな癒しの場所が完成。

 

システムバスルーム・洗面リフォーム(三条市)

2014-11-10

 

二階のウォークインクローゼットを浴室にリフォーム致しました。
もともと二階はシステムキッチンが完備されており、
浴室を二階に設ける事によって二世帯住宅として親世帯との居住空間を明確に区分しました。
既存ウォークインクローゼット内部の屋根裏へ上る階段を撤去しホール部分に新たに
屋根裏はしごを施工と共に収納も製作。
洗面台は造作洗面台を製作し陶器のボール。
立上がり部分にはアクセントでモザイクタイルを施工しました。
クライアントの若夫婦と打ち合わせを重ねモダンなサニタリースペースが完成致しました。

 


 
仕様

  • システムバスルーム     リクシル製 1坪
  • 給湯設備          コロナ石油ボイラ
  • 床仕上           コンパネ+シージングボード+クッションフロア(モザイク柄)
  • 壁             石膏ボード+ビニルクロス(モザイク柄)
  • タイル           モザイクタイル(INAX)
  • 天井            ビニルクロス張替(ホール部)