Archive for the ‘その他’ Category

断熱改修(三条市)

2018-01-29

 

三条市にある事業所の床下と窓の断熱改修を行いました。
冬季の床下の底冷え、並びにランニングコストの問題を解決致しました。

 

堀こたつ(三条市・旧下田村)

2017-02-27

 

くつろぎの空間には、ソファやチェアを取り入れるプランが多くみられますが、肌触りのよい床材を用いたり、畳スペースを設けるなどして、床に直接座る、床座のスタイルも魅力のあるものです。床の一部を掘った堀ごたつを取り入れたプランも根強い人気があるものです。堀こたつの魅力はソファや椅子ではなく、床に直接座る事で空間を広く感じることができること、さまざまな用途に使用しやすいということなどがあります。
 

仕様

  • 堀こたつ 下地 ―赤松  框―杉材  こたつ―杉材  天板―赤松集成板 仕上―オイルフィニッシュ

 

無垢の店舗家具工事(三条市)

2015-11-05

時代の経年変化を楽しむ・・・

何百年と経過したアンティーク品に見られるサビや剥がれ、傷や汚れなどの風合いを、塗料や道具を使って表現する技法をエイジング塗装といいます。
特に木のエイジング塗装はダメージの当て方や塗料の組み合わせ次第で、思い描く年代やあらゆる地域で生まれた古木の風合いを表現することができます。
また塗料を塗る素材、表面に凹凸があり木がダメージを受けている『グレイかかった色合い』にしたい場合、新品の傷ひとつ無い木材にいろいろな塗料を何度塗り重ねても塗料だけではここまでの表情を出すことはできません。
新品の木材をワイヤーブラシやうずくりを掛け木に同じようにダメージを与えてから塗装することで本物により近い表現が出来ます。
このようにエイジング塗装は、より深みのある汚しや色合いを出したい場合は『塗料』だけでなく『素材』自体にもエイジング加工をする必要があるということです。
この度、以前仕事をさせて頂きました、三条市内にある美容室様の依頼で無垢の陳列棚の製作に伴いエイジング加工を施しました。
一部耳付きの杉の荒木を3枚ずつはぎ合せ、製材時のバンドソーのパターンを表情化して自然素材のぬくもりとアンティーク感のある状態に仕上げました。

 

仕様
杉板エイジング加工

ナツメの花台

2015-09-01

 

なつめの花台(かだい)
駐車場工事の際切り倒したナツメの木を製材し耳付きの板で花台を製作。
赤身の木目が複雑に入り組み、独特の印象を与えます。
そんな自然素材の花台にモフモフしたこけ玉をのせてみました。
無垢材と自然の緑を室内取り入れる。
日常を忘れる小っちゃな癒しの場所が完成。